RAW現像パソコンSSDのメリット・デメリットコスパで賢いストレージ運用は?

SSD

RAW現像は大量のデータを一気に処理するので、パソコンの性能は高いほうが良いです。

大きな容量のデータを処理する場合は、ハードディスクではサクサクと動作しない場合があります。

SSDに交換するだけでも、ストレスを感じなくなりますよ。

 SSDスピード以外のメリットとデメリット

SSDのメリットは、スピードだけではありません。

衝撃に強くて、故障しにくいメリットがあります。

ハードディスクの場合は、部品点数が多いので作動には熱を持ってしまいます。

しかし、SSDはメモリと同じよ言うな構造なので、発熱をしないメリットがあります。

発熱をしないという事は、パソコン内部の温度を上昇させにくいという事につながります。

SSDはメモリと同じ構造なので、作動音はしません。

しかし、SSDが壊れるときは、いきなり壊れてしまうので予備の記憶装置にも、同じデータを保存しないと安心できません。

いきなりSSDが壊れてしまうと、データを復帰させるのは難しいです。

RAW現像の作業う領域はSSDが速くて効率アップ

RAW現像の作業にはSSDがもっとも最適で、効率が上がります。

なぜなら、SSDはハードディスクと比べて、動作スピードが速いので処理も速くできるからです。

RAW現像の作業も速さを追求していったほうが、作業が早く完了しますし効率が上がります。

データの保管にはHDDがコスト的に優れる

500GBのSSDも値段が1万円以下という値段まで落ちていますが、それでもまだまだ高いです。

SSDと比べてハードディスクは、1TBでも1万円以下で買うことができます。

ハードディスクは容量が多く値段が安いモデルがあるので、コストパフォーマンスが高いといえます。

内蔵はSSDにして、保存する場合はハードディスクのほうが良いですね。

SSDの寿命はHDDと比べてどうなの?

結論から言えば、ハードディスクのほうが寿命が短いです。

なぜなら、ハードディスクには細かい部品がたくさんあり、機械的に動いているので消耗しやすい部品がいくつかあるからです。

ハードディスクに比べて、SSDの場合は基盤だけなので消耗品は内部にはありません。

書き込み数によって寿命は大きく変化しますが、SSDは壊れるときはいきなりです。

ハードディスクの場合は「カチカチ」と作動音が、大きくなってきたら寿命が近くなった証拠です。

なので、ハードディスクは症状が先に出るので、寿命の前に準備ができるメリットがあります。

私自身も、ハードディスクとSSDの寿命を個人的に検証したことがあります。

その場合も、やはりハードディスクのほうが早く寿命が来ました。

RAW現像パソコンにおけるストレージの役割

パソコンの話になると、「ストレージ」という言葉が出てきます。

ストレージとは、日本語にすると「貯蔵・保管」という意味になります。

つまり、データを保存する場所が、ストレージだという事になります。

パソコンではSSDやハードディスクなどや、データを保存するデバイスなどもストレージです。

ストレージの役割

RAW現像の作業をする場合は、ストレージに画像などを保存するという役割になります。

大抵は、分かりやすく名前を書いて、ファイルの中に画像を入れていきます。

フラッシュメモリなどは、持ち運びができるストレージなので画像を他のパソコンに移動させる場合に使用します。

ストレージにはHDDとSSDがある

ストレージとは記憶装置のことですが、ハードディスクやSSDなどもそうですね。

SSDやハードディスクは、容量が大きいタイプがあるのでたくさんのデータを保存できます。

外付けハードディスクなどに、画像を入れて保存するという方法もあります。

SSDとHDDの徹底比較

SSDはハードディスクと比べて、データの読み書きが高速で行うことができます。

画像編集や動画編集など、ストレスを感じないでデータを保存することができます。

ハードディスクは機械駆動部分を持っているので、作動音がしてうるさいです。

しかし、SSDは機械駆動部分がないので、作動音がしないので静かです。

SSDのメリットとデメリット

SSDのメリットは衝撃に強くて、発熱しないことです。

万が一落としたとしても、SSDは壊れることはほとんどありません。

また、作動していても発熱をしないので、パソコン内部の温度が上がりにくいですね。

また、SSDは消費電力が少ないので、経済的だといえます。

読み込みや書き込みが早いというメリットもあり、ストレスをあまり感じさせません。

SSDのデメリットは容量が少ないわりに、値段が高いという事です。

値段が高いと言っても、SSDが登場した当初は280GBでも1万円以上はしました。

今は、500GBでも7千円程度で販売しているので、それなりに安くはなったほうですね。

ですが、それでもハードディスクと比べて、まだまだ値段が高いです。

さらに、故障するときは、いきなり使えなくなります。

HDDのメリットデメリット

ハードディスクのメリットは、安い値段で容量が大きいものを買うことができます。

1TBの容量でも1万円もしない場合が多く、私が知る限りでは5千円くらいで販売しています。

ハードディスクのデメリットは、衝撃に弱いです。

さらに、発熱しやすいので、ハードディスクに負荷がかかると熱を持ちます。

消費電力が高いのも、ハードディスクのデメリットです。

ハードディスクを作動させているときに、作動音がします。

容量の必要なRAW現像PCストレージのコスパのいい運用方法

RAW現像は容量の必要な作業なのですが、ストレージのコスパの良い運用方法を紹介します。

単純なやり方ですが、外付けハードディスクにデータをたくさん入れていきます。

できる限り、内蔵しているハードディスクまたはSSDにデータは、いれないようにしましょう。

そうすれば、本体のほうは容量が、いっぱいになりにくいです。

RAW現像用パソコンでおすすめのSSDは

RAW現像用に使用する、おすすめのSSDとはどんなものか気になるところでしょう。

RAW現像をする場合に、SSDを選ぶとき必要になるポイントを紹介していきます。

容量はどのくらい必要?

SSDでもハードディスクでも、容量は1TBはあったほうが良いです。

180GBくらいだと、容量がすぐにいっぱいになります。

私自身も失敗したことですが、200GB以下のパソコンを買って半年で容量がいっぱいになってしまいました。

内臓記憶装置の容量がいっぱいになると、パソコンの起動が遅くなります。

さらに、アプリなどの起動も遅くなるので、内臓記憶装置は余裕を持った容量にしたほうが良いでしょう。

つまり、内臓記憶装置は500GB以上は、あったほうが良いという事です。

 信頼できるメーカーを選ぶことが大切

SSDやハードディスクを選ぶときは、信頼できるメーカーを選ぶほうが安心です。

最初はどのメーカーが信頼できるのか、いろいろ選んでみるというのも良いかもしれません。

私が内蔵SSDにしたり外付け記憶装置として、SSDを選ぶときも「Crucial」というメーカーを選びます。

Crucialを選ぶ理由は、いろいろなパソコンに内蔵記憶装置として使用してみたところ、相性が悪いパソコンがほぼなかったからです。

私が使用してきたパソコンは、運が良かっただけかもしれませんが相性が悪くて動作しなかったことはありません。

NVMeとかPCI-Exp Gen4は速いの?

SSDの製品を見ていると、「NVMe」や「M.2」とか「PCI-Exp」などの用語を見かけるのではないでしょうか。

それぞれの規格や起動速度などを、紹介していきます。

まず、「M.2」というSSDが販売されていますが、これは接続端子について定めた規格の名前です。

「M.2 SSD」にはSATAタイプや、PCIeというタイプがあります。

これらは、外観や長さなどや接続端子の形状で、複数の種類に分けられています。

「M.2 SSD」は動作が早いと言われていますが、すべてにおいてそうだとは言い切れません。

なぜなら、NVMeを採用した「M.2 SSD」のほうが、圧倒的に快適なパソコンになるからです。

PCI-Expを採用したSSDの場合は、従来のSATAタイプのSSDと比べて処理速度などのパフォーマンスは、大幅に向上しています。

たとえば、これまでパソコンに電源を入れてトップ画面が表示されるまで、1分かかっていたところがPCI-ExpタイプのSSDは数秒でトップ画面が開きます。

それくらい、起動時間がかなり早いのです。

M.2 SSDの接続タイプには、「NVMe」「PCI-Exp」があります。

ゲーミングパソコンやクリエイターパソコンの場合は、NVMeタイプのM.2 SSDが大抵ついています。

「M.2 SSD」には、もう一つの規格が存在します。

それが「PCI-Exp Gen4」タイプのSSDで、PCI-Exp4.0に対応しているタイプです。

メチャクチャ速いSSDらしいですが、RAW現象の作業でこれほどのスペックが必要なのか疑問です。

RAW現象の作業をするだけなら、「NVMe」タイプのM.2 SSDで十分な速さだと思われます。

Lightroomの仮想記憶領域には有利

パソコンを最高のパフォーマンスを得るためには、12GB以上のRAMを搭載したモデルで、Lightroomを実行したほうが良いです。

12GB以上のRAMを投資している場合は、写真の読み込みや書き出しのスピードが、速くなるのでストレスがたまりにくいです。

RAW現象のような作業をする場合は、動作が早いタイプの内蔵SSDを利用すると良いでしょう。

おすすめのSSDを搭載したパソコン

RAW現象をすることを前提として、おすすめできるSSDが搭載したパソコンを紹介します。

iiyama:SENSE-M0B4-R33G-VHS-CSP

↑↑SENSE-M0B4-R33G-VHS-CSPを見てみる↑↑


画像編集などの作業を、快適に行えるよう開発されたパソコンです。

53,980円という値段の割に、240GBのSSDが搭載されています。

容量は少ないですが、予算を押さえたいという場合はおすすめできるパソコンと言えます。

画像は外付けハードディスクに保存していけば、思ったほど容量はいっぱいになりません。

画像編集などで長時間パソコンを起動させても、ケース内の温度上昇を抑えるような構造になっています。

ケース内の温度が上昇してしまうと、パソコンの動作が鈍くなってしまいます。

しかし、このパソコンのケースは温度上昇を抑えるので、画像編集でいきなり動作が鈍くなるという事はありません。

フロンティア:GAシリーズ/FRGAH470F

↑↑GAシリーズ/FRGAH470Fを見てみる↑↑

フロンティア製のGAシリーズ/FRGAH470Fは、コストパフォーマンスに優れたパソコンです。

値段は「179,800円」です。

SSDは「NVMe」タイプを採用しているので、快適に作業ができます。

さらに、後からPCI Express 3.0 x4に対応した、M.2 SSDを取り付けることも可能です。

マウスコンピュータ:DAIV A5

↑↑DAIV A5を見てみる↑↑

マウスコンピュータ製の「DAIV A5」は、第3世代のAMD製CPU「Ryzen7 3700X」を搭載しています。

なので、容量の大きなデータも、楽々保存ができます。

動作が重い画像編集ソフトでも、ストレスなく快適に操作することができます。

フロンティア:GHシリーズ:FRGHZ490/A

↑↑FRGHZ490/Aを見てみる↑↑

2020/7/1 第10世代 CPU搭載 GH-Z490シリーズ新発売!

フロンティアの「FRGHZ490/A」は、もともとゲーミングパソコンですがクリエイターパソコンとしても優れた性能を発揮します。

M.2 SSDは500GBもあるので、容量の高いデータも時間をかけずに楽々と保存ができます。

サブ的にハードディスクが、1TB内蔵されているので外付けハードディスクを買わなくてもハードディスクに画像を保存できます。

優れた性能を持ったパソコンが欲しい場合は、検討してみても良いでしょう。

デル:Vostro 3000 シリーズスモールデスクトップ (3681)

デルの「Vostro 3000 シリーズスモールデスクトップ (3681)」は、CPUがCorei 5-10400を搭載しています。

なので、画像編集をする場合は、快適に作業ができます。

さらに「M.2 PCIe NVMe SSD」が搭載されているので、動作の思いソフトを起動させる場合もサクサクと動きます。

これまで、動作が重いソフトで悩まされていたなら、このパソコンを買う事で悩みを解消できるでしょう。